さまざまな病気を引き起こす可能性大!「高血圧」を予防しよう

高血圧とは

生活習慣病の一つとして、近年では高血圧に注意するようにと言われることが増えています。
高血圧とは名前の通り、安静時に慢性的に血圧が高すぎる状態にあることです。

高血圧になると通常の血圧に比べて常に血管に負担がかかることになるために、心疾患や脳卒中の原因になるとして予防が大事であるとされています。
たくさんの病気の原因となりますし、日頃からの予防が大事となるために、早いうちから高血圧の原因と予防について考える機会を設けておきましょう。

主な症状

高血圧の症状にはいくつかの特徴があります。
日頃から生活の中で症状を感じる場面があれば、病院で検査をするようにしましょう。
場合によっては高血圧以外の病気が見つかるというケースもあります。

高血圧の主な症状として、頭痛、めまい、肩こり、動機、息切れ、耳鳴りといったものがよく起こりがちです。
どの症状を見ても高血圧独特と言えるものではなく、日常的にマイナートラブルとして症状を感じることも多いものです。
そのため、こういった症状が起きてもあまり気にせずに見過ごしてしまうということも多くあります。

しかし、こういった見逃すことが多いことが原因で早期発見をできずに重症化するということも多いです。
他の病気の症状でも該当することが多いものですから、症状が続くようならば検査をするようにしましょう。

また、簡単に高血圧であるかを判断する方法として、名前の通り血圧が高めであるかどうかを確認することが有効です。
血圧は血圧計を購入して計るだけでなく、病院や温泉、調剤薬局などいろいろなところで計るチャンスがありますから、症状が気になる場合にはまずは血圧を計って見ましょう。

発症してしまう原因

高血圧には遺伝や生活習慣が関係していると言われています。
生活習慣については早いうちから見直して改善すれば症状改善や病気予防に効果的です。

高血圧の原因としてよく挙げられるのが、塩分の多い食事と脂肪分の多い食事です。
私たちの食生活は洋風化しており、その影響で野菜不足で肉が多い食事を摂りがちですし、味の濃い食事も増えています。
これが食生活の乱れとして高血圧を起こしやすくなっています。

また、運動不足や睡眠不足といった生活の中で不健康な習慣が身についている人も多いです。
仕事が忙しい場合には、なかなか睡眠時間が取れなかったり運動時間が作れなかったりします。
しかし、これも寝る前にスマートフォンを閲覧するのをやめたり、生活の中でエレベーターを使わず階段を使ったりという小さな努力でも十分に改善ができます。

こういった生活習慣が原因するものは長い年月をかけて習慣化していることが多いのですぐに改善することが難しいです。
そこで、少しずつ意識して改善できるように取り組むようにしましょう。