近年「一人暮らし」を希望するシニアが増加中

おひとり様に年齢制限は無い

最近はお年寄りの孤独死がニュースで取り沙汰されることがあり、問題視されています。
そもそも、高齢者の一人暮らしというのは年々増加してきており、今では珍しいことではなくなっているのです。
結婚をしないという選択をしたり、子供達とは離れて暮らすことが普通になっているため、一人で暮らすことになるケースは増えています。

仮に結婚していたとしても、配偶者が亡くなってしまったあとに一人暮らしになってしまうでしょう。
いろいろな事情があるのですが、一人暮らしの高齢者は多く、さらにその人達のほとんどは別にその状況を悲観していないのです。
一人暮らしをしている高齢者にアンケートを取ると、多くの人がそのまま一人暮らしを続けたいと望んでいるという結果が得られます。

シニア層で一人暮らしでいることを悲しいことだと考えておらず、むしろ幸福だと思っているのです。
経済的にも困っておらず、現在の生活に満足している高齢者がたくさんいます。
そういう人達の生活の楽しみとしては、テレビやラジオであると答えるケースが多いです。

あるいは仲間や友人との交際、新聞や雑誌を読むこと、そして食事や飲食となっています。
今後誰かと同居したいのかと質問されても、一人暮らしのシニア層は今のままの環境を臨んでいることが多いのです。
このような考え方が現在のシニア層の一般的なものとなっています。

高齢者の一人暮らしはけっして暗黒ではない

メディアで高齢者の一人暮らしが取り上げられるときには、とにかく悪いイメージを強調しようとすることが多いです。
しかし、最近の高齢者というのはみんな元気で活発であり、一人で生活することに慣れている方はたくさんいます。

かつては家族で生活することが当たり前の時代がありましたが、日本ではもう何十年も前から一人暮らしをしたり、核家族で暮らすことが自然な状態となっています。

そのためお年寄りになって一人で暮らすことになったとしても、それほど悲観的に考えないようになっているのです。
そのような人生も幸福であるとそれぞれが自覚しており、けっして悪いイメージばかりではありません。
また、仮に子供がいたとしても、子供と同居するよりも一人暮らしをしたいと考える方が多いです。

自分が介護を必要とされる状態になったとしても、子供達に頼るのではなくて、公的なサービスを利用したいという人はたくさんいます。
これからはさらにこのような独居生活をする老人は増えていくでしょう。
このような生活スタイルが普通のこととなり、一人暮らしの高齢者のためのサービスも増えていくかもしれません。