シニアから始める田舎暮らしについて

近年話題の田舎暮らし

昔は生活するならば都会が良いと考える人が多くいましたが、近年では田舎暮らしを希望する人が増えています。
特にシニア世代の田舎暮らしはブームになりつつあります。

田舎暮らしをするというのはそれなりに決断が必要なものですし、不安に感じることも多いものです。
そこで、ここではこれから田舎暮らしを始めようと考えている人のために、シニア世代が田舎暮らしを成功させるためのコツと田舎暮らしのメリットとを紹介していきます。

そもそも田舎暮らしとは

田舎暮らしといっても具体的にどのような生活をするのかイメージができない人も多いものです。
一般的には田舎暮らしと聞くとUターンのように生まれ育った場所に戻ることを想像します。
しかし、田舎暮らしというのは特に住む場所のルールはなく、自分が住みたいと思う土地に移住するのが特徴です。

例えば、旅行先で気に入った土地を選んだり、農業に興味のある人は希望する品種が作れる場所を選んだり、人によっては地方でそば店やレストランを開業したいと考えたり、人によって希望する土地も希望する生活も様々です。
ただのんびりと田舎で生活をすることもできますし、夢を実現するために移住することもでき、田舎に移り住むということは豊かなセカンドライフを送るという目的があります。

田舎暮らしを成功させるコツ

田舎での生活というのは良いところもたくさんありますが、不便もあります。
また、田舎で生活をしたことがない人は、実際に生活するまでその日常がイメージできないことも多いです。
今の住まいを売り払って移住して馴染めないと感じたり自分には合ってないと感じたりすると大変なことになります。

そこで、田舎暮らしがどういったものなのかを体験して生活ができると判断してから移住することがオススメです。
最近では体験用に数日間地元の空き家を貸してくれて田舎暮らし体験をさせてくれるところも増えているので、こういった体験を通して田舎暮らしの適性を確認するのはとても大切です。

また、完全に今の住まいをひき払わずに別荘のように滞在するという方法を取る人もいます。
二つの家を持つことになるので維持費はかかりますが、少しずつ地域の人との交流をしてコミュニティに馴染んだり田舎での生活がうまく送れるようになったりしてから本格的に生活ができますし、元の地域での交流を残すこともできるという点でもメリットが高いです。

田舎暮らしのメリット

医療技術の進歩や食生活が豊かになったことで、私たちの平均寿命は伸びていますし、定年後も元気なシニアがたくさんいます。
会社勤めの間は忙しく夫婦の時間をゆっくり持てなかった人も、老後にはのんびりとした時間を過ごして人生を充実したものにしたいものです。

田舎暮らしをすることで、都会では感じられないような季節を感じる生活が過ごせます。
ストレスから解放されてゆったりと生活できること、自己実現ができることが田舎暮らしのメリットであると言えます。